祇園風俗求人の出稼ぎで好ましい人

祇園の風俗求人で欲しい人材

私はある祇園の風俗店でボーイをしているものです。長く働いていることもあって、色々なタイプの女性を見てきました。ここでは私の経験も踏まえて、祇園風俗求人に応募して出稼ぎとして働く女性の中で、こんな女性に来てほしいと思える条件を書こうと思います。

ちゃんと働いてくれる人が必要

まずは出稼ぎでも短期で働く人でも関係なくしっかり出勤してくれる女性です。これは当たり前だと思われるかもしれませんが、実は全員がこれをできるわけではありません。「朝起きるのが大変で」「二日酔いで」など、良くない理由で遅れたり休んだりする女性も中にはいるのです。

それに持病などを抱えている人や本業を持っているなどやむにやまれぬ理由のある人もいます。 喘息などの持病を持っている場合は急に発作が起こり病院に寄らなければならない、またはその日は出勤できず家で休まなければならないという事態にもなります。出稼ぎとして働く人でも持病のある女性はいるので、祇園風俗求人に応募してきた人のそういう情報は管理しておかなければなりません。

できるだけ急用で休まない


本業で昼間OLなどの仕事をして終了後にお店で働いている人の場合は、急な残業やどうしても断れない飲み会などが入ることがあるのです。そのような形で遅刻や欠勤をされてしまうと困るのはお店で、そんなときお客さんに謝るのは僕らスタッフとなります。気まぐれで休まれたとしても「生理が出て」「体調が悪くなって」など女性の評価が悪くならないように謝らなければいけません。このようなことがあると女性だけでなく、店の評判も悪くなってしまいます。

お客さんにとっては出稼ぎ風俗嬢も性格に難ありでも関係ありませんから。しかも最近ではそのような評価はインターネットの某掲示板などに書かれ、すぐに多くの人に広がってしまいます。それだけに祇園風俗求人に応募して働く女性は、しっかりと仕事をしてくれる人が良いですね。

祇園風俗求人では最低限の対応が必要


そして祇園風俗求人で好ましいのは必要最低限の対応ができる女性。これも出稼ぎとして働く女性でもそれ以外でも関係ありません。パーフェクトな接客を求めている訳ではありませんが、必要最低限お客さんが嫌だと思う対応はして欲しくありません。これはお客さんによって当然対応が変わりますので、簡単でもあり非常に難しいことでもあると思います。でも考えて欲しいのは、お客さんから決して安くないお金をいただいているので、少しでも心身ともに満足してお帰りいただくという姿勢が必要だということ。遠方地域からの出稼ぎとして働く女性の中にはこういったことはわきまえている人もいますね。

当然「自分の彼氏が」「最近むかつくことがあって」など自分の愚痴を延々と聞かされて気持ち良いと思える人はいません。またサービスに手を抜いたり、お客さんの要求をすべて無下に断ったり、自分の話だけをして時間を稼ぐなどの行為も決して良いものではないでしょう。私のいる祇園にも様々な風俗店はありますが、店で求人や面接を担当している人はそのような部分をチェックすると良いと思います。